雑談のコツ

木戸に立てかけし衣食住

「木戸に立てかけし衣食住」という言葉を覚えておくと、営業での会話の幅が広がります。

 話題に困ったとき、会話をはずませたい時に、思い出すと便利な呪文のような言葉です。

 話題となる言葉の頭文字を取って作られたもので、以下のような意味になります。

 

木 気候や季節の話

戸 道楽(趣味)の話

に ニュースの話

立 旅の話

て 天気の話

か 家族の話

け 健康の話

し 仕事の話

衣 ファッションの話

食 食べ物の話

住 住まいの話

 

 最初に話かけることや、会話が空いたときなどにこれを思い出して、実践してみましょう。

できれば、話題がなくならないように、何を話そうか事前に準備をしておいたほうがベストですね。

 

裏木戸に立てかけせし衣食住

また、別バージョンで「裏木戸に立てかけせし衣食住」という言葉もあります。

こちらは、木戸に立てかけし衣食住に「裏」と「せ」がプラスされた言葉ですが、それぞれ、

 

裏 裏の話

せ 性・セックスの話

 

となります。 なので、飛び込み営業には使えませんが、何度も通ってお客様とすごく親しくなったら使えるかも知れません。

 

テキドニセイリスベシ

あと、営業の会話術とは若干違いますが、水商売のホステスさんが使ってる言葉では、「適度に整理すべし(テキドニセイリスベシ)」というバージョンもあります。

こちらも覚えておいて損はなく、同様に話題の幅は広がります。

 

テ テレビの話

キ 気候や季節の話

ド 道楽(趣味)の話

ニ ニュースの話

セ 生活の話

イ 田舎(出身地)の話

リ 健康の話

ス スター・スキャンダルの話

ベ 勉強(知識)の話

シ 仕事の話

 

 田舎(出身地)の話やスター・スキャンダルの話は、いかにも水商売っぽいですが、木戸に立てかけし衣食住と共通している部分も多くあります。

 営業に向かう前にはこちらもあわせて思い出して、実践してみれば営業成績もあがると思います。

 

 


 雑談のコツ 1

 

 「雑談のタイミング」について、

 

 雑談は、相手と出会った瞬間、接触した瞬間に、こちらから話しかける。

 

 このタイミングを逃すと、話しかけるタイミングがなくなる。

 

 

 結婚式披露宴で隣に座った知らない人へ、すぐに話をしかけてみる。

 

 すると、楽しい時間を過ごせる。

 

 

 お客様が車でご来場された。

 

 お出迎えして、ご挨拶して話しかける。

 

 

 タイミングは瞬間、出会った時です。(^^)v

 

 

 練習してみましょう。

 

 なお、自己紹介は雑談のあとでも良い。

 

 まず、雑談をしていくわけですね。

 

 

 

 

 まずは、雑談のコツ 2

 

 1は、雑談のタイミングでございました。

 

 出会った瞬間に雑談をする!

 

 というのがコツでございましたが、

 

 その際、必須のアイテム?これを伴うと必ず成功する魔法がある。

 

 

 それは、

 

              「笑顔」

 

 笑顔で話しかけることです。

 

 

 当たり前やろ!

 

 

 

 簡単なことなんですが、

 

 自然に出来るようになると、

 

 その威力に自分でもびっくり!

 

 私は50歳に近づき自分でもびっくりしてます。←本当。

 

 私みたいな”イケメン”は、ナカナカいないと思うのですが、

 

 

 自分は美人でないから~、イケメンでないから~?

 

 そんなん、まったく、関係ありません。

 

 

 美人やイケメンが笑顔で話しかけてきたら、相手はドキドキして緊張する。

 

 

 安心してください、

 

 不美人や不イケメンが笑顔で話しかけてきたら、愛くるしく、可愛らしい。

 

 相手は、緊張なしに、嬉しくなるので、パッと笑顔になりますよ。

 

 

 さあ、やりましょう。(^^)v 楽しいですね。

 

 

 

 

 

 

雑談のコツ 3

 

 雑談のコツ 1は、出会った瞬間に話しかける。

 

 2は、笑顔で話しかけること。

 

 でした。

 

 

 3は、共通の話題。です。

 

 ご来店の瞬間は、何ら共通の話題はありませんから、

 

 お天気や気候の話が、とっても良い。

 

 

 例えば、

 

 「今日はいいお天気ですね、」

 「肌寒い中、ご来店ありがとうございます。」

 「雨の中、わざわざご来店ありがとうございます。」

 

 等、天気や気候の話から、お客様の応答を感じます。

 

 お客様は様々な応答をしてくださるので、

 

 それに、合わせて、またお話をしていきます。

 

 

 

 最初にお声かけすることは、お客様と共通にできる話題。

 

 天気や気候が良いですね。

 

 

 

 ここで、うまくお客様とコミュニケーションが取れれば、

 

 スムーズに雑談に入っていけます。

 

 

 共通の話題でお話しをしてみましょう。(^^)v

 

 

 

 

 

 

 雑談のコツ 4

 

 何かの予約を取る際、一杯だったら、雑談をすると。

 

 予約がとれたりする。(^^)/

 

 というコツを実証すべく、

 

 あるホテルでの出来事、

 

 ホテルがいっぱいだった、事前予約しないから当然だが。

 

 3軒目で雑談技を試してみた、

 

 最初、

 

 「本日は一杯のご予約を頂いております。」

 

 と話をしていたフロントさんへ、

 

 いろいろと話かけてみる。

 

 ちょうど、サッカーの中継がロビーのテレビであったので、

 

 「この試合は大切なものなんですか?」

 

 から、はじめて、いろいろと雑談をした。

 

 「いやー私も知らないのですが、4チームだけの大会みたいです。」

 

 とフロントさんが笑いながら教えてくれたので、一緒に笑って、話を数分。

 

 すると、

 

 「シングルは一杯なんですが、ダブルをシングルユースでお取りできます。」

 

 ええ!ほんまかいな!?

 

 本当に予約ができたのでした。

 

 まあ、こんなに上手いこといくことは、少ないですが。(^^ゞ

 

 また、一つネタができたのでありました。

 

 皆さんも雑談を鍛えましょう。商談力、販売力、提案力、すべてアップして、

 

 思いもよらない自分に変身ができるでしょう。

 

 ありがとうございます。(^^)/

 

 

 

 

 

 

 さて、雑談のコツ 5 いきます!!

 

 「動きながらが、いちばん話しやすい」

 

 です。

 

 雑談は、会話なので、

 

 お互い見つめあいながら、行うのが良いと考えがちですが、

 

 盛り上がる雑談は、

 

 何か動いている時です。

 

 歩きながらの雑談、

 

 掃除しながらの雑談、

 

 作業しながらの雑談、

 

 などなど、体は動きながら、雑談するのがおもしろいのです。

 

 また、

 

 動いている人に話かけやすい。

 

 ということもあります。

 

 展示場で洗車をしていたら、お客様が声をかけてくださった。

 

 そういう事がよくあります。

 

 それは、動いている人にお客様は話かけやすいのです。

 

 だから展示場では意識的に何か作業しながらお待ちするのも一手。

 

 

 動きながら、気を遣いながら話をすれば、お客様はもっと

 

 楽しく話をしてくれるでしょう。

 

 雑談のコツ 5 「動きながらが、いちばん話しやすい」

 

 (^^)/

 

 

 

 

 

 雑談のコツ 6 「雑談は顧客満足に直結する」 行くでー!

 

 先日、

 携帯電話のことでドコモへ行きました。家の近所のドコモです。

 

 ここには5,6人のフロント対応をしてくれる若いスタッフさんがいます。

 

 いつも相談すると、

 

 もう一つ納得のいきにくい対応をしてくれるドコモです。

 

 あんまり行きたくない店です。(^^ゞ

 

 

 今回のスタッフさんは二十代の若い女性。

 

 じつは、

 

 この方、雑談の達人でした。

 

 久しぶりに会う、ホンマもんです。

 

 私が質問をすると、的確にこたえてくれるし、

 

 アドバイスや背景の事情など

 

 こちらが知りたいことを次々とリードしてくれて教えてくれます。

 

 さらに、私も同じ経験あるんですよー!と、

 

 共感もしてくれて、その際の状況など教えてくれました。

 

 印象的なのは、

 

 喜々とした笑顔で話をしているだけで、こちらが楽しくなってくること。

 

 こんな方いらっしゃるんですね、嬉しくなりました。

 

 

 

 そして、こんな質問をしてみました、

 

 「このお仕事ってお客様に叱られることありますよね?」

 

 すると、

 

 「はい、とてもご立腹のお客様のご対応は泣きたくなりますけど、お客様の前で

 泣けないので、裏へ行って泣いてます...でも、嬉しいことや楽しいことが

 いっぱいあるので、良いお仕事ですよ。」

 

 と笑って話をしてくれました。(^^ゞ

 

 

 やっぱり、この方、

 

 ほんもんや。

 

 どんな時でもどんな事でも、

 

 前向きに、明るく良い方向へ、変える力をもっていらっしゃった。

 

 

 

 携帯電話の手続きは、私自身、過去最高に満足のいくものでした。

 

 ”雑談は顧客満足に直結する。”

 

 雑談のコツ 6 「雑談は顧客満足に直結する」

 

 

 

雑談のコツ 7 「雑談でお客様を和ませる 」

 

│◆│雑談コツ 7「雑談でお客様を和ませる」

└─┴──────────────────────────────

 

 本日、海の日。

 

 この暑い中を、わざわざガソリンを消費して、

 

 時間と労力を遣って、

 

 みなさまのお店へご来店してくださるお客様。

 

 「有り難し」

 

 なかなかあることではない、有り難いことでございます。

 

 

 

 そんなお客様は、店へ入る時、

 

 ドキドキしながら入ってこられるのです。

 

 

 「ちゃんと応対してくれるかな?」「無視されたら怖いな」

 

 「お金高くとられないかな?」

 

 等々、お客様は不安な心でいっぱいなのです。

 

 

 

 また、

 

 「めんどくさいな」「来たくないけど仕方ない」

 

 という感じのお客様もいらっしゃるわけです。

 

 

 

 そんなお客様に、

 

 気持ちの良い応対をされますと、お客様は喜びます。

 

 

 

 店へ来てくれる「有り難い」ことを、

 

 当たり前、

 

 と思うことに大きな間違いとトラブルの元が。

 

 お客様は来てくれるだけで、奇跡なのです。

 

 

 

 さて、雑談のコツ 7「雑談でお客様を和ませる」です。

 

 

 ご来店されたお客様へ、

 

 自分の最高の笑顔で、話しかけてみましょう。

 

 

 

 何を話すの?

 

 お客様に関心を寄せえたら、分かる。

 

 

 例えば本日なら、

 

 「こんな暑い中、わざわざご来店頂きまして、ありがとうございます。」

 

 これは先ず絶対に言いましょう。

 

 

 そして、お客様を観察して、

 

 目についたものや、気候、天気、地域の風物詩、

 

 お客様のお持物、どこから来られた、来られたきっかけ等、

 

 観察して色々と話をするのです。笑顔で。

 

 

 

 お客様と何を話したら良いのか?

 

 分からないということは、

 

 お客様に関心をもってないから、

 

 話すことがないのです。

 

 

 お客様を見て、観察して、関心をもてば、出てきます。

 

 

 自分だったら、何の話をしてくれたら嬉しいのか?

 

 考えましょう。

 

 

 何を話すか?←自分中心なのです。

 

 お客様を見て嬉しくなったらいっぱい出る。←お客様中心。

 

 

 

 慣れたら、何のことはない、

 

 楽しくなってくる。

 

 仕事ってこんなに楽しいか!

 

 と感じるようになります。(^^)v

 

 

 

 さあ、

 

 雑談コツ 7「雑談でお客様を和ませる」

 

 にチャレンジしてみよう。

 

 あなたの心の扉が開くときです。(^^)v

 

 

 

 

 雑談コツ 8「一声(ひとこえ)かける」

 

 

 

 さて、思わぬところで、

 

 「雑談勉強ができた話」です。

 

 出張先のホテルで、

 

 朝食後、部屋に戻ろうとエレベーターへ乗りました。

 

 エレベーターには誰もおらず、私一人でした。

 

 3Fを押し、ドアが閉まりかけた瞬間、

 

 「Wait...」

 

 って聴こえました、

 

 ドアオープンのボタンを押すと、

 

 6~7歳くらいの子が、入ってきました。

 

 私が日本語で「何階?」って聴くと、

 

 「...」

 

 分からないらしい。

 

 で、英語でと思って、

 

 「What floor?」って聴きました。

 

 彼は、元気な声で、

 

 「Seven!」って。

 

 7階のボタンを押してあげると、

 

 「Thank you!」って。

 

 ニコーッっと、

 

 愛嬌いっぱいの笑顔をじぃっと私に向けるので、

 

 二人で大声で、笑いました。

 

 笑い声は英語も日本語も一緒やな。

 

 エレベーターで、

 

 「何階ですか?」と聴くのは、

 

 雑談の練習レッスン1 なんですね。

 

 英語でちょっとですが、

 

 雑談の練習できました。

 

 ほとんどしゃべってないですけどね。

 

 感性、心は通じたと思います。

 

 心が通じるのが、

 

 雑談の奥義なんやろなあ。

 

 と、

 

 未だ奥義には遠くおよばないですが、

 

 少し想像ができました。(^^)/

 

 勉強になります!

 

 ありがとうございます。(^^)/

 

 

┌─┬──────────────────────────────

│◆│雑談コツ 8「一声(ひとこえ)かける」

└─┴──────────────────────────────

 

 銀座まるかんの創始者で日本一の商人、

 

 斎藤一人さんのお話しで、今も忘れらないものがあります。

 

 「店を繁盛させたけりゃ、一声(ひとこえ)かけるんだよ。」

 

 「一声、かけるようにスタッフ教育できれば、立派な経営者さ。」

 

 ラーメン屋さんでも、

 

 何のビジネスでも、

 

 商いって、お客様へ一声かけられるかどうか?で繁盛するのさ。

 

 ラーメンの美味しさばっかり研究しても繁盛はしない。

 

 一声(ひとこえ)が大事、これだけで繁盛できる。

 

 

 めったに来ないお客さんが来たら、

 

 「久しぶりですね、今日はお仕事ですか?」とか、

 

 「また来てくださいね、今日は嬉しいですよ。」って、

 

 仕事しながら動きながら、一声かけて、まわるの。

 

 仕事が忙しい時も、

 

 目で合図したり、会釈したり、態度で表すの。

 

 アルバイトの店員さんにも、

 

 「ウチは一声かける店なんだよ。だから一声かけてね。」

 

 って教育する。

 

 すると、繁盛してきて、店をもう1つ出せるの。

 

 もう1つ店を出したら、

 

 2つの店で一声活動をゲームみたいに競争するの。

 

 大入り袋をくばったりしながら...

 

 このような内容でした。

 

 日本一の商人、斎藤一人さんが言うんだから、間違いない。

 

 お客さんは、一言かけられることで、また来てくれる。

 

 店は繰り返し来てくれるお客さんが、支えてる。

 

 次に来てくれるように一所懸命、一声かける。

 

 

 

 私たちはラーメン屋さんに比べて、話ができるチャンスがあります。

 

 一言だけでなく、雑談ができる。

 

 これで、次回の約束、次回の来店のきっかけを創ることは、

 

 ものすごく大事だと思いませんか?

 

 お客さんは、ある日突然、他のお店で商品やサービスを購入します。

 

 二度と戻ってきてくれなくなる。

 

 

 斎藤一人さん、日本一の大商人が教えてくれてます。

 

 

 「お客さんへ一声(雑談)かけましょう。」

 

 雑談コツ 8「一声(ひとこえ)かける」

 

 (^^)/

 

 

 ┌─┬──────────────────────────────

│◆│雑談のコツ 9 「お客様の名前を大事にする」

└─┴──────────────────────────────

 

 久しぶりに雑談のコツでございます!

 

 雑談のコツ 9 「お客様の名前を大事にする」です。

 

 先日、岡崎のスーパーホテルに宿泊しました。

 

 スーパーホテルは「ぐっすり眠れる」を前面に出し、静かで快眠ができる

 

 ホテルを目指しています。

 

 そのフロントで、

 

 「大堀様、ようこそいらしゃいました!」「大堀様、お帰りなさい」

 

 「大堀様、おはようございます。」

 

 これには、びっくり。

 

 他のスーパーホテルに泊まることもありますが、名前で呼んでくれることを

 

 徹底しているところは無かったような...。

 

 でも、名前で話掛けられると、初めてのところなのに、

 

    うれしい!(^^)v

 

 勉強させて頂きました。

 

 お客様の名前をどんどんお呼びして、雑談のきっかけにすると良い。

 

 そのためには、

 

 お客様の名前を分かるようにしなければ!!

 

 雑談のコツ 9 「お客様の名前を大事にする」

 

 でございます。(^^)v

 

 

 

 

┌─┬──────────────────────────────

│◆│雑談のコツ 10 価値と満足を上げる雑談

└─┴──────────────────────────────

 

 久しぶりで、雑談のコツ 10 いきます。

 

 「価値と満足を上げる雑談」

 

 です。

 

 

 シリーズ、雑談のコツは、ここからどうぞ!

 

 

 さて、「価値と満足を上げる雑談」

 

 ですが、

 

 同じ商品を置いている店がありました、同じ値段で販売しているのだが、

 

 一方はよく売れる、一方はあまり、売れません。

 

 

 理由は、よく売れる方の商品の価値が高いからです。

 

 なぜ?同じ商品なのに?

 

 お客様対応が良いのです。お客様と楽しくお話をする店員さんが、

 

 いらっしゃる。自然にお客様が心地よくなる店員さんです。

 

 ついつい、勧められた商品を買ってしまうのです。

 

 で、満足度も高い。

 

 

 これは商品そのものだけでなく、商品の周りの価値を上げていく事で、

 

 総合的に商品の価値が上がったわけです。

 

 

 こんな体験ありませんか?

 

 タクシーに乗りました、同じ初乗り料金760円ですが、

 

 片方は、運転手さんの心遣いや気持ちの良い雑談で、あっという間に

 

 目的地について、気持ちが良かった。

 

 

 片方は、仏頂面で荒い運転、嫌な気持ちになるし、怖いしで目的地に

 

 着いた頃には冷や汗。

 

 

 同じ料金だけど、安いなーと感じる760円と、

 

 金払う気持ちにならんし、二度と冷や汗はコリゴリの760円。

 

 

 こういうことが、あなたのお店でも起こってるわけですねー。

 

 

 店という名のつく所にいたら、

 

 お客様には、とことん気持ちよく、してもらわないとね。

 

 

 その一番の方法は、雑談なのです。

 

 雑談が一番、価値を上げ、満足度を上げるものなんです。

 

 

 これを知ったら、さあ勉強。

 

 雑談の勉強でございます。

 

 

 ここに過去の雑談のコツ があります。(^^)v

 

 一緒に楽しく勉強しましょう!

 

 

 (^^ゞありがとうございます。